イボについて

イボには様々な種類がありますが、代表的なものを説明します。
当院では、イボの治療は炭酸ガスレーザー治療が基本ですが、手術が必要となる場合もありますので、医師にご相談ください。

脂漏性角化症(老人性イボ)

老化や紫外線が原因だとされ、老人性色素斑(シミ)に伴って生じることが多いです。
日光が多く当たる顔面に多発しますが、身体中のどこでもできます。
出来始めると徐々に拡大し、色も濃くなり、肉眼では、ほくろとの区別がつきにくいほど色が濃くなることがあり、かなり目立ってくるため、老け顔の大きな原因になります。
治療は炭酸ガスレーザーが基本で、通常は皮膚の浅い層のみに存在するため、レーザー治療による皮膚へのダメージは少なく、治療後に目立つ傷痕を残すことは少なく、完全除去した場合は、再発は少ないです。
脂漏性角化症は、除去することにより顔の見た目の印象は大きく改善する一方、治療に伴うリスクは少ないので、外見的なアンチエイジングには必要な治療です。

尋常性疣贅(ウイルス性イボ)

ヒト乳頭腫ウイルス感染症で、皮膚に存在する細かい傷などから、皮膚の深くに入り込み、イボを形成します。原因がウイルス感染症なので、急激に発生して大きくなりこともあり、また触っていると他の部位に広がってしまうこともありますので注意が必要です。
強い炎症(免疫反応)が起こった場合、自然に脱落して治癒することもありますが、多くの場合は長い期間存在し、徐々に増えます。
脂漏性角化症に比べると、皮膚の深い部分に入り込んでいることが多く、場合によっては治療後に瘢痕(きずあと)になることもありますが、放置すると増えることもあるため、当院では見つけ次第治療をおすすめしています。

アクロコルドン(軟性繊維腫)

アクロコルドンは主に首にできるいぼですが腋や鼠径部にも発生します。特に皮膚が柔らかい場所に好発し、イボも柔らかいのが特徴です。色が肌色で2ミリ~3ミリ程度の小さなイボです。加齢とともに発症が増え、女性や肥満の方に発症することが多いと言われています。
はっきりした原因は分かっていませんが、できやすい体質があるようです。
発生し始めは比較的平らな隆起の場合が多いのですが、徐々にイボ状に膨らんできて皮膚にぶら下がっているような状態になってきます。
アクロコルドンは皮膚の良性腫瘍なので、特に治療を施さなくても問題ないイボです。しかし刺激を与えて炎症が起きてしまった場合や、美容面を考えて見た目が気になるようであれば適切な治療を行います。
炭酸ガスレーザーを用います。基本的に皮膚の上に発生しているだけなので、レーザー治療による皮膚へのダメージはとても少なく、治療後の色素沈着も起こしにくいです。

老人性血管腫(赤イボ)

加齢によってできる赤いイボです。
異常な血管で構成されます。身体中どこにでもできます。
全く平らなものから、膨らんでいるものまでさまざまです。
炭酸ガスレーザーを使用します。

稗粒腫

目の周りなどに好発する直径1~2㎜の小さな白い円形隆起です。
できやすい体質の方は、多発します。小さい割に目立つため気にされる方が多いです。
何年か経過すると、自然に治癒することもありますが、見た目が悪いため、早期に治したい方はレーザー治療の対象となります。炭酸ガスレーザーを使用します。
皮膚の中に、角質塊が存在するだけのものであるため、炭酸ガスレーザーで出口を作って押し出せば角質塊が排出され治癒します。
治療によるダメージは少なく、デメリットも特にないため、治療はおすすめです。

汗管腫

女性の目の下に多発する膨らみです。
皮膚の汗の管が増殖してできています。
病変部が皮膚表面になく、皮膚の深い部分にあるため、慎重な治療が必要です。
深く削ると瘢痕化を起こす場合があるため、瘢痕化を避けるためには完全除去は難しく再発する可能性があります。
顔面など目立つ部分でもあるため、治療するかどうかの検討は慎重にする必要があります。

炭酸ガスレーザー

施術料金

(税別)

局所麻酔が必要なもの 1個 1000円
局所麻酔が必要ないもの 1個 700円
年齢による首周りのイボ 2500円