診療内容

一般形成外科

眼瞼下垂

眼瞼下垂

眼瞼下垂症とは、上まぶたが十分に上がらない状態のことです。
まぶたは上眼瞼挙筋やミュラー筋と呼ばれる筋肉が、瞼板と呼ばれるまぶたの芯(軟骨)と腱膜で連続しており、筋肉が縮むことにより腱板を引っ張り上げることで開きます。この腱膜が加齢によりたるんでくると筋肉の力が瞼板に効果的に伝わらず、まぶたが上がりにくくなってしまいます。ほとんどの加齢性眼瞼下垂症はこのようにして生じます。

また皮膚のたるみや筋肉の衰えも、加齢性眼瞼下垂症の原因となります。これにより物が見えにくくなり、眠そうな印象を与えるのです。また、おでこの筋肉(前頭筋)を利用してまぶたを上げようとするためまゆ毛の位置が高くなり、額のしわが目立つようになります。頭痛、肩こりの原因になることもあります。


正常なまぶた


加齢による
眼瞼下垂


1. 治療法

1)余剰皮膚切除

余剰(弛緩)して垂れさがったした上眼瞼皮膚を切除する方法です。
上眼瞼皮膚を切除する場合と、眉毛下で皮膚を切除する場合があります。座った状態で余っている皮膚を取り除く量を決めて切除します。皮膚の余っている程度によって、切除する幅や範囲は異なります。同じ部位の眼輪筋も切除することがあります。その後は細い糸できれいに皮膚を縫合します。睫毛を押し下げる余った皮膚がなくなるので目をひらくのが楽になります。

上眼瞼皮膚切除


眉毛下皮膚切除


2)挙筋前転術

腱膜を瞼板に縫い付ける手術です。上まぶたの皮膚を切開し、たるんだ腱膜や筋肉を前方に引っ張り、糸で瞼板に縫い付けます。この手術により腱膜のたるみが改善し、上眼瞼挙筋肉の力がしっかりと瞼板に伝わり、十分にまぶたが開くようになります。



佐久平よつばクリニック

0267-66-0428

診療予約のご案内

  • 診療予約(再診、新しいご相談)はLINEから、またはお電話にてお取りいたします。
    また来院時に、次回通院のご予約をお取りいただけます。
  • 初めて当院におかかりの方(初診)は事前に「Web問診」を入力し、
    直接窓口にお越しください。

予約受付時間
8:30~12:00 
14:30~17:30
※火曜、土曜(午後)、日曜・祝日除く

アクセス

JR佐久平駅 浅間口より徒歩約5分

〒385-0027 長野県佐久市佐久平駅北27-1
駐車場 17台(車いす駐車場1台完備)

診療時間

窓口の受付時間
8:30~12:00 14:30~17:30
診療時間 日祝
9:00-12:00
14:30-18:00

診療カレンダー

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
休診日
午後休診
鴻池医師不在
鴻池医師午後休診
中村医師不在
中村医師午後休診