ホクロについて

ホクロとは

皆さんがご存知の一般にホクロ(黒子・母斑)と呼ばれるものは、医学的には「色素性母斑」あるいは「母斑細胞性母斑」といい、メラニン色素を作る母斑細胞という細胞の集まりのことを指します。
これは生まれてくるときに、本来なるべき細胞になれなかった迷子の細胞とも言われています。

また、に見えるものでもそうではないものがたくさんあります。中には「悪性黒色腫」や「基底細胞癌」と呼ばれる皮膚がんの可能性を含めたものもあります。
急激に大きくなってきたもの、6ミリ以上の大きさのもの、その色や形がいびつなもの、出血しやすいなど、気になる方は受診をおすすめします。

ホクロの治療方法

前述で述べたようにホクロには様々な種類があります。またホクロの治療に関しても、そのホクロの形状や大きさによって治療方法は様々です。 さらにホクロとして治療ができる物とできない物があり、その診断は医師でなければ出来ません。

まずはクリニックにて気になるホクロの診断をおすすめします。 当クリニックでは医師が取り除きたいホクロをしっかりと診断し、そのホクロや患者様の意向にあった治療法をおすすめしています。

①炭酸ガスレーザー治療法(自由診療)

数ミリ程度の平らなホクロか10㎜程度までの隆起性(盛り上がった)のホクロには、炭酸ガスレーザー治療がおすすめです。メスを用いる治療に比べて出血も少なく、ホクロの部分だけを治療するので、周囲の 肌を傷つけずにすみます。 局所麻酔をして、ホクロを削り取るように取り除きます。レーザー照射後は照射した部分が擦り傷のようになりますが、約2週間で傷を皮膚がおおい治ります。
その後、2~3ヶ月は赤味が出ますので、紫外線対策を徹底していただく必要があります。炭酸ガスレーザー治療は、ある程度の経験が必要です。深いと痕が残りますし、浅いと完全に取りきれません。
また、レーザーで深く大きいホクロを処置すると肌に凹みができてしまう原因になります。

ホクロの大きさで蒸散(焼いて蒸発)させます。
約2週間で少し縮ながら、皮膚で覆われます。

炭酸ガスレーザー

 

②手術療法

大きなホクロは、メスで切除して、細い糸で縫った方が確実にきれいに治ります。大きなホクロは、母斑細胞が真皮まで根を張っているので、レーザーでは組織の取り残しや再発の可能性が極めて高いのでおすすめできません。

「メスで切る」と聞くと、抵抗を感じる方も多いかもしれませんが、局所麻酔をするので、痛みはありません。形成外科的にキズ跡を残さないように、丁寧に縫合します。
手術を受けてから1週間後に抜糸をし、わずかに赤味が残っていますが、1カ月から2 カ月で消えます。

皮下まで切除し、細い糸で縫合して、傷をとじます。
縫うときは、少し傷を盛り上げるように縫うのが、
傷跡を目立ちにくくするコツです。

ホクロをボウスイ形(葉の形)に切り取ります。
細い糸で丁寧に縫合することで、線状の傷跡になります。

レーザー治療と手術療法のポイント